国内の移動には格安航空券が嬉しい

格安航空券に興味があり調べてみた

以前までは格安航空券の仕組みがよくわかっていなかったので、利用をすることはありませんでした。
興味はあったのですが、安いには理由があるわけで、飛行機に乗る時というのは大事な用がある時なだけにトラブルがあっては大変と利用をしなかったのです。
しかし、飛行機に乗る機会が増えるに連れて航空券代もバカにならないと感じるようになってきたので、少し格安航空券について調べてみることにしました。
そこでわかったことですが、サービス簡略化されてたり有料化されているというのがまずわかりました。
特にあってもなくても困らないものに関しては安くなるのは歓迎ですから、この点は良いとして有料化されているのは少し気になりました。

無くてはならないサービスを有料化していて、結局それを利用すると普通の航空券と値段が変わらない、あるいは高くなってしまっては意味がありませんから、こういうところで落とし穴があるのかなと思いました。
その点について更に詳しく確認をしてみると、自分の場合にはそれを込みにしても金額的には得であることがわかったのです。
それだったら利用をしない手は無いかなと感じました。
これが長時間飛行機に乗っている海外でしたら、僅かなサービスの差でも快適性に大きな影響がでますが、国内だとそこまで長時間乗っていることはなく、大体2時間ちょっとですから快適性に関わるサービスがあろうがなかろうが、そんなに関係ありません。

格安航空券に興味があり調べてみたサービスは簡略化や有料化されているがメリットは大きい遅延はあるが安いメリットは大きいので使い分けも良い