国内の移動には格安航空券が嬉しい

サービスは簡略化や有料化されているがメリットは大きい

だったら安いほうが嬉しいかなと言うのが正直なところです。
払い戻しの自由度が低いことに関しては不利かなと思わないこともありますが、実際にキャンセルすることがどれだけあるかと考えると、ほぼ無いわけですからこれに関してもそこまでデメリットでは無いかなと言う気がします。
総合的に考えると安くなる方が圧倒的にメリットが大きいので、格安航空券を試してみることにしました。
最初はチケットを手配するところから始めたわけですが、特別難しいことはなく簡単に購入をすることができました。
それから飛行機に実際に乗りましたが、こちらも普通の航空券と違いはなく普通に乗ることができたため、何も変わらないというのが最初に感じたことです。
サービスの違いについても気になるほどに変わることはなく、むしろ下手な干渉がないぶんだけこちらのほうが悪くないのではと思ったほどです。
全ての置いて満足かというとそうでもなく、時間に多少ルーズなところがある印象も受け、離陸が遅れることがそれなりにあるのは気になるところかなという気がします。
スケジュールが狂ってしまうほどに遅れることはないので、実用上問題はないのですが、今まではそれほど遅れた経験がなかっただけに、格安航空券を利用するようになって度々遅れを経験したときには、こういうところで差が出るのかと感じたものです。

格安航空券に興味があり調べてみたサービスは簡略化や有料化されているがメリットは大きい遅延はあるが安いメリットは大きいので使い分けも良い